FC2ブログ
Archive | 2014年11月

バーテープ巻き直し。

白いバーテープが全体的に汚れてきたので、巻き直す。
一度解いて、エンドキャップ側とステム側?を入れ替えて巻き直すと、あら不思議。新品の白さにw
所々黒ずんてるのはご愛嬌。

IMG_1204.jpg
IMG_1205.jpg
IMG_1201.jpg
IMG_1203.jpg
IMG_1198.jpg

これであと半年は行けるw
スポンサーサイト



Vブレーキワイヤー交換。

Escapeのホイール交換により、リムブレーキが合わなくなったため、ワイヤー交換、再調整する羽目になった。
実はVブレーキのワイヤー交換は初めてのため、記録。

ビフォー。手元の調整ネジの範囲を超えてしまっている。
ネジもボルトもさび付きがひどい。
ネジ部分はグリスを塗って再度組み付け、可動部はシリコンスプレーで回復する。
IMG_1182.jpg
IMG_1183.jpg
IMG_1187.jpg
IMG_1188.jpg
IMG_1189.jpg

インナーワイヤーを張り直し、アウターもできるだけ再利用する。エコエコ。
Vブレーキはワイヤ末端を収める溝がある。感心。
IMG_1192.jpg
IMG_1193.jpg
IMG_1194.jpg
IMG_1195.jpg

アフター。Vブレーキはガッツリ効くので好き。
IMG_1196.jpg
IMG_1197.jpg

WH-6800導入。

妻君のクロスバイク Escape R3のホイールが錆びてスポーク折れが頻発するようになったので、ホイールを新調することにした。
1日2日考えた末、シマノ新ULTEGRAホイール WH-6800導入に決定。

TCR Composite SE→ 新ULTEGRA WH-6800を装備。
Escape R3→ A-Class ALX440SLをお下がり。
Escapeの鉄下駄は廃棄。

せっかくなので体重測定を実施。記録を残す。

WH-6800
前輪 715g/ 後輪 949g 計 1664g
ALX440SLと比べて、リムもハブもオーバーサイズ。いかにも剛性感有り。
リムテープは不要。

DSC02390.jpg
DSC02391.jpg
DSC02392.jpg
DSC02394.jpg
DSC02395.jpg

ALX440SL
前輪 646g/ 後輪 874g 計 1520g (リムテープ込み)
WH-6800より144g軽量。完成車付属でこの軽さは異常だ。
ハブは前後とも細身で、リム厚みも薄い。

DSC02400.jpg
DSC02403.jpg
DSC02401.jpg
DSC02404.jpg
DSC02405.jpg

番外 Escape純正ホイール(リムテープ、反射板付属)
前輪 1021g/ 後輪 1270g 計 2291g
重量はともかく、屋外保管のためもあって錆びが酷い。スポーク折れ頻発のため、ついにお役御免。
タイヤもスプロケも無駄に頑丈に食い込み、外れない。最後まで手強いw

DSC02408.jpg
DSC02407.jpg

新ホイール WH-6800の走行感について。
ALX440SLより実重量は重いが、速度の伸び、巡航性能は上がったという実感がある。
ALX440SLは登坂性能は高いが、常に漕いでいないとすぐ失速する。
Web上での評判通り。
スポーク数が影響しているのか、ハブの性能か。

とりあえず、今後WH-6800を使い倒したいと思う。
プロフィール

やす@だーく

Author:やす@だーく
エスケープR3から3ヶ月で、TCRコンポジSEを購入した、典型的なにわかローディーの日記です。

比較できるほどの知識もありませんが、バイクやツールの素人レビューを書いていこうと思います。

Madone 3.1 WSDが仲間入りしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR